腸内フローラの改善には食べ物とサプリどっち

腸内フローラが与える心身への影響とは何か

 

まず、腸内フローラを知らないという方が多いと思いますので説明をしますが、人の腸内には100種類以上の細菌が100兆個存在しています。細菌は増殖し続けており、100兆個で1kg程度の重さがあるとされています。

 

その中でも小腸の終わりから大腸にかけて細菌がまとまって生息している部位がありますが、そこを腸内フローラといいます。腸内フローラは細菌のバランスがよければ人に影響はないですが、細菌の種類別のバランスが崩れてしまうと病気などを引き起こしてしまう可能性があります。ストレスや生活習慣、また老化によって変化していきますので常に気をつけておかなければいけません。

 

では、どういった影響が出るのかというと、最近では腸内フローラががん、糖尿病、アレルギー、神経系疾患、肥満などに深く関わっているということが解りました。つまり、これらを引き起こしてしまう可能性があるということになります。はっきりとしていませんが脳にも影響がありうつ病などを引き起こす可能性もあると指摘もされています。

 

バランスが崩れることによってこれだけ多くの影響が出てきますので常に気をつけなければいけないのですが、何をすればいいのかという疑問が出てくるはずです。基本的に腸内フローラをいい状態に保つためには食事が大事だといわれています。例えばビフィズス菌や乳酸菌、食物繊維やオリゴ糖が含有された食品を摂取することによって善玉菌を増やして、エサを与える事が大切です。

 

逆に高脂肪・高糖質食を摂取しすぎたり、ストレスを蓄積することによって悪玉菌が増える可能性がありますので常に気をつけておくことをオススメします。

 

腸内フローラとTレグにはどういう関係があるのか

 

腸内フローラとTレグについてまず説明します。まず、腸内には非常に多くの細菌が住んでいますが、その細菌が集合しているところを腸内フローラといいます。この腸内フローラには善玉菌と悪玉菌と日和見菌といわれる菌が存在していますが、その菌のバランスによって健康になったり病気になったりします。

 

また、Tレグに関しては腸内で生成され、アレルギー反応を抑える働きがある細胞の名称です。この二つの関係が非常に注目されているので覚えておきましょう。

 

実はアレルギー疾患を発症する子供と引き起こさない子供には腸内フローラの多様性が異なってくることがわかってきました。町内の善玉菌の仲間であるフィーカリバクテリウム・ プラウスニッツィが腸内フローラに多く存在すればクローン病や潰瘍性大腸炎の予防にもなり抗炎症作用ももたらせます。
さらにアレルギー反応を抑えるTレグ細胞も増やす酪酸エステルも産生しますので覚えておきましょう。このように腸内フローラとTレグには密接な関係があり、多くの病気の予防や改善にするだけではなく、子供のアレルギー疾患にも効果を発揮します。

 

もし、子供のアレルギー疾患に関して何かしらの悩みがあるという親御さんは腸内フローラとの関係性についても知っておくことをオススメします。そうすることによって何かしらの改善に繋がるかもしれません。とにかく腸内フローラの菌のバランスについても出来る限り検査などで把握しておくことをオススメします。

 

腸内フローラのバランスを損ねているものとは

 

薬の服用、化学療法、抗生物質、遺伝的性質、環境汚染物質といった生活習慣におけるストレスの要因により、消化管に本来備わっている生態環境は破壊され、細菌のバランスが崩れてしまい、結果として有害な細菌や酵母菌が増殖、それによって慢性腸炎や腸の内膜上に損傷が発生し器官も機能が止まってしまいます。

 

それでは腸内フローラのバランスを損なう汚染物質をご紹介しましょう。まずは抗生物質、体内の細菌バランスにとって非常に影響力が高い物質と言えます。抗生物質は腸を刺激し、下痢を引き起こしてしまいますが、これだけではなく腸内フローラのバランスを変えたり感染細菌を増やしてしまうこともあります。

 

また、抗生物質を投与すると、腸内の状態が元に戻るには1ヶ月から2ヶ月程度かかってしまいます。さらに、もう一つの悪影響として、使用者に抗生物質の耐性菌が増えてしまうことにより治療が難しくなる可能性もあります。次に糖分や加工された炭水化物を含む食品を摂取することによって、カンジダ菌の様々な異種菌株を増加させてしまいます。

 

そして最後に避妊ピルなどを含め、あらゆる種類の薬品の服用は腸内フローラにとって非常にに危険です。さらにその上を行く危険性があるのが、塩素とフッ化ナトリウムです。塩素消毒された水などは人の腸内も殺菌する働きがありますのでプールなどの水を飲んだりするのは特に危険です。コーヒーやアルコールの摂取もまた腸内フローラの破壊を促しますので控えめにしましょう。